住宅ローン返済の苦労

誰でも住宅を購入するために
住宅ローンって組むと思うんですけれど
人生も住宅ローンも長いから何が起こるかわかりません。
当然長い年月返済するわけで、
若い時の未熟な経験でローン組んでしまうわけなので
無謀なこともできるんですけれど(笑

我が家ももちろん住宅ローンで住宅購入したんですけれど
返済金額85000円/月で20年。
借入金額1500万円でした。
ないから借りるわけなんですけれどね、
毎月返済の利息って
考えて安い金利のもので借りたつもりでも
バカバカしいものだなぁって思います。
1500万なんで都心で購入なさってる方なんかに比べると
可愛らしい金額なんですけれど。
友人も当たり前で3000万円~5000万円で土地と住宅を購入しています。

我が家は50歳になる前に返済できるんですけれど
みんな定年退職の年齢までとか、
退職金もあてにしてとか、
大変だなぁって思います。

当たり前なんですけれど
子供が生まれて学費や教育費にたくさんのお金がかかったり
車にお金がかかったり
家族のために補償を厚くするために保険に入ったり。
出費が増えるところに住宅ローンってこたえます。

仕事は自営業で順調だったんですけれど
東北の震災の後、
機材が入ってこない事情でストップしてしまって
ローンを払えないって思うようになりました。
思い立ったら吉日で
銀行に行って相談して
減額・期間延長しました。
おかげさまでなんとか返済できています。
最後まで延滞なくきちんと返せますように!

住宅ローン 払えない

借金返済の思い出

私は現在は借金はしていませんが、
以前は多重債務者でした。

消費者金融のカードは常に5枚ほど財布の中に入っており、
給料日には5社の消費者金融のATMを周り、
借金の返済をしておりました。

借金をした理由は単順に生活費が足りなかったからなのですが、
それでもいつしか借金の残り限度額が自分の口座の残り金額に
錯覚するようになっていきました。

そしていつしか私の生活水準はあがっていきました。
月15万で生活していたのが、キャッシングの限度額を見越して
月50万で生活するようになったのです。
ですが、私の実際の収入はあがっていませんので、
当然返済は滞るようになり、そして催促の電話が鳴り始めました。

これを解決するために私が取った手段が別の会社から
新たに借り入れをするということでした。

私はフリーターでしたが、審査はおもしろいように、
あっけないくらい簡単に通りました。
しかも今の消費者金融は担当者と顔を合わせる必要もありません。
ひとりこっそりとATMに向かい、無人の個室の中で
一人個人情報などを入力すればそれで審査は通りました。

かくして私は自転車操業になり、毎月利息分だけを
返すという立派な(?)多重債務者となったのでした。

今は自己破産も完了し、借金の返済に追われる生活は
送っていません。
今思い出すと、当時はあれでよく生きていたなと思います。

自己破産後の生活

自動車保険の仕組みを理解しましょう

自動車保険は日常生活で車を運転するにあたり、非常に大きな安心感を与えてくれるものになります。
何度かお世話に抜けなりましたが、お金がない者には大きな助けになります。

初めてお世話になったのは、追突事故を起こしてしまった時のことでした。
まさか使うとは思っていなかったので、自動車保険の使い方すら分かりませんでした。
事故処理をしてくれた警察の言葉で、自動車保険の会社に電話することを思い出しました。
幸い追突した相手も怪我がなかったので、自動車の修理にだけ自動車保険を適用することになりました。
しかし、これで等級が上がってしまい、次回の更新時の保険料が高くなることが確定してしまいました。
このように等級が上がるとボクシングとは違い、自動車保険の保険料は高くなっていくのです。
保険料を安いままで維持するには、とにかく事故を起こさない事です。

しばらく事故のトラウマから非常に慎重に運転するようになりました。
右折左折には特段注意を払っていました。

しかし、予想外なところで二度目の保険を適用することになりました。
ガソリンスタンドです。
気づかないうちに真後ろに原付きバイクげいて、手前の給油スペースに行くためにバックしたら、原付きバイクに追突してしまいました。
これで等級は一番上まで上がりました。

事故は全部保険を適用すれば良いと思っていたので、二回とも保険を適用しましたが、等級が一番上になると更新が出来なくなりました。
こうなると高いとか、安いとかいうレベルではありません。
全く想定してない事態に唖然しましたが、任意の自動車保険に入れないので車の使用を控えるしかなくなってしまいました。
保険に加入している時は、料金が安い事を重視していましたが、入れるだけでもありがたいのかもしれませんね。

自動車保険 安い